アイボ

ホワイトカラー前編

今回は仕事が落ち着いてきたので、しばらく放置していた自分の髪の毛でのレビューを紹介いたします。

去年もやったのですが以外とお客様からホワイトカラーのやり方等を知らない人が多いのでブログでご紹介致します。

まずホワイト系にするにはブリーチが必須です。

細かく説明すると専門的な事になるのですが、基本的にはブリーチを繰り返してホワイトに近づけるのが基本です。

ハイブリーチを2回かけた所です。一般的な金髪って感じです。

技術者にもよりますがこのレベルでもホワイトはまだキツいと思います。

まだ黄ばみが残ってますので、ダークカラーなどの深み重視の色合いなら問題なくいけますが、ホワイトの場合まだ黄ばみが邪魔をします。

3回目のブリーチにで黄ばみをかなり除却しました。

これ以上はダメージが入るだけなのでここでブリーチを終わらせます。

スタイリストによってどこまでブリーチするかは分かれますが当店の場合、黄ばみが残っているとお客様が家でメンテナンスする場合に黄ばみを取れない場合が多いので極力白に近づけるようにしています。

ブリーチ3回目で自然乾燥したのがこちらです。

難点はどうしても避けられない頭皮の痛みです(笑)

こればかりは我慢してもらうしかないのと、ホワイトにした後1週間近くは頭皮がガビガビになります。

痒みと痛みがでたり、掻きむしるとフケがごっそり落ちたりと、落ち着くまで暫くかかるのが難点です。

次回はこれをホワイトへしていきます。

関連記事

  1. 7:3ベースのバックスタイル

  2. 最近流行りのセンターパート

  3. ショートスタイルスパイラルパーマ

  4. 夏用ビジネススタイル

  5. スリックバック調オールバック

  6. ビジネススタイル

ケイデンス看板